会員登録 | ログイン | 買い物かご | サポートセンター    
 
         
         
    誕生日    
         
    母の日    
         
    お中元&暑中見舞    
         
    敬老の日    
         
    クリスマス&お歳暮    
         
       
         
    花苗    
         
 
 
  
 
 
 
    044-433-5511
 
  メールはこちら
 
 
 
 
 
   クリスマス&お歳暮 > 春の七草 5号 (カゴ付)
 
 
 
春の七草 5号 (カゴ付) 次の商品
 
 
春の七草 5号 (カゴ付)

拡大 ( Size : 131 kb )
 
価格 : 2,205円(税込)
数量
 
 
 
 
 

お正月の縁起物!「春の七草」
1.芹(せり)  2.薺(なずな)  3.御形(ごぎょう) 4.繁縷(はこべら)
5.仏の座(ほとけのざ) 6.菘(すずな) 7.蘿蔔(すずしろ)
                 
 
春の七草の由来
 1月7日の朝に七草粥を食べる風習があります。平安時代からこの習慣があったようです。平安時代に書かれた清少納言の「枕草子」には、”七日の若菜、六日、人の持て来……”という一文があります。正月6日から7日にかけての行事で6日の夜はヒイラギなどの刺のある木の枝や、蟹のはさみのようなとがったものを戸口にはさんで邪霊を払い、七草叩きといって、唱えごとをしながら七草を包丁でたたき、粥を炊き込みます。7日の朝、歳神に供えてから家族で食べると万病を払うとされていました。正月のごちそうで弱り気味の胃を休めるという知恵から始まったという説もあります。


14世紀の南北朝時代に、「四辻の左大臣(よつつじのさだいじん)[本名:四辻善成(よつつじのよしなり)]」が源氏物語の注釈書「河海抄(かかいしょう)」の中で七草のことを記載しています。それが後年、よく知られる                                       
    「せりなずな  御形はこべら  仏の座 すずなすずしろ  これぞ七草」


Copyright © 東横園芸ショップ All Rights Reserved.   044-433-5511
商号名 : 東横園芸 株式会社   代表 : 鈴木 正基
個人情報保護ポリシー 特定商取引に関する法律に基づく表示
事務所の所在地 : 神奈川県川崎市中原区市ノ坪232